Tuesday, 28 July 2015

いきていくうえで大切なものがかけている人生がある。

片腕のない人生、目の見えない人生、音のない人生。。。

けれどもそのような身体的なけつじょの他にもせいしんてきなけつじょ、こころの領域でのけつぼうというものもある。

だれからも愛されない人生、友のない人生。

ともだちのいない人生をいったいどのようにたとえればいいだろう?

「ともだちのいないじんせいなんて。。。まるでともだちのいないじんせいのようだ。。。

これ以上のひゆをわたしはしらない。